KAZUYA氏が青山繁晴氏について苦言を呈した件の感想② – 違和感の探る