【複数セッション】「MicrosoftEdge」での作成方法

目次

「エッジ」ブラウザで複数セッションの構築

前回、「GoogleChrome」にて複数セッションの構築方法を紹介しました。

あわせて読みたい
【複数アカウント対策】「GoogleChrome」の複数セッションを作成する 【クロームの複数セッションを思い立ったキッカケ】 これまで私が使ってきたブラウザ インタネットウェブページを閲覧するソフト・ブラウザ。 かつてはマイクロソフトの...

今回は同じ「Chromium派生ブラウザ」である「MicrosoftEdge」にて複数セッションを構築します。

とは言え、ほぼ同じです。

ちなみに、 「MicrosoftEdge」 なのでOSはもちろんWindows10です。(他のOS版もありますが。。)

① ユーザーデータのコピーを作成する

まずコピー元となるユーザーデータの場所は、以下の場所にあります。

<ユーザー名>の部分は、それぞれのログインユーザー名になります。

★Edgeのユーザーデータ保存先
C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Microsoft\Edge\User Data

この「User Data」フォルダをコピーします。

「User Data」 のフォルダ名は分かりやすいように変えてもOKですが、私は別のドライブにそのままコピーしました。

コピー先はどこでも構いません。

★Edgeのユーザーデータコピー先
D:\bin\Edge\User Data

②Edgeのショートカットを作成する

次にChromeのショートカットを作成します。

インストール先から「chrome.exe」のショートカットを作成します。

32ビット版の場合
C:\Program Files (x86)\Microsoft\Edge\Application\msedge.exe

64ビット版の場合
C:\Program Files (x86)\Microsoft\Edge\Application\msedge.exe

※私の環境では64ビット版をインストールしてあるのですが、なぜかインストール先は(x86)の32ビット版でした

③ショートカットのリンク先を変更

作成したショートカットのプロパティを開きます。

リンク先に「“C:\Program Files (x86)\Microsoft\Edge\Application\msedge.exe”」ありますので、
ここに「 –user-data-dir=”<ユーザーデータのコピー先>」を追記します。

★Edgeのユーザーデータコピー先
“C:\Program Files (x86)\Microsoft\Edge\Application\msedge.exe” –user-data-dir=D:\bin\Edge\User Data

④変更したショートカットで起動

変更したショートカットでEdgeすればOKです。

Chromeの場合、同期設定をする必要がありましたが、Edgeの場合、既に同期済みだった場合、特に同期設定の必要はありません。

これは恐らく、マイクロソフトアカウントがOSと紐付いているからかもしれません。

⑤テーマを別セッションで変える(任意)

Chromeの場合は、テーマを変えるには同期のチェックを外しました。

しかしEdgeの場合、テーマは同期されないようなので、そのまま変えればOKです。

「設定」から「外観」で変更します。

⑥アイコンを変える(任意)

これChromeと同じです。

作成したショートカットのアイコンも変える事で、区別しやすくなります。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる