【Ubuntu】ノートパソコンのフタを閉じた時、サスペンド(スリープ)にならないように設定する

前回、悪戦苦闘しながらもWindowsが使えなくなったノートパソコンにLinuxOS「Ubuntu」をインストールしました。

あわせて読みたい
【苦難のOS切替】ASUSノートパソコンをWindowsからUbuntuに変更!
【苦難のOS切替】ASUSノートパソコンをWindowsからUbuntuに変更!前回、停止コード:PNP_DETECTED_FATAL_ERRORの発生により、ASUS製のノートパソコン「X751LDV-T4371H」がブルースクリーンに陥ってしまいました。【ブルースクリーンの...

Windowsでもそうですが、Ubuntuをインストールしたノートパソコンでも、フタ(画面)を閉じると、サスペンド状態(スリープ/スタンバイ)状態になります。

仮想マシンを運用しているので、これは不便です。

これは設定で変更可能です。

OS:Ubuntu Desktop 20.04 LTS
ノートパソコン:ASUS製のノートパソコン「X751LDV-T4371H

目次

「/etc/systemd/logind.conf」を修正

ログイン設定のファイルを修正します。

変更を加える前に、念の為バックアップを取ることをオススメします。

nano /etc/systemd/logind.conf

HandleLidSwitch=ignore」を追加します。

<< 中略 >>
#HandleLidSwitch=suspend
HandleLidSwitch=ignore
<< 中略 >>

設定が反映されているか確認する

設定が反映されているか確認します。

まずは、サービスを再起動します。

sudo systemctl restart systemd-logind 

OS自体を再起動でもOKです。

ノートパソコンのフタを開け閉めしてスタンバイになっていなければOKです。

確実に調べるなら、他のパソコンからターミナルからpingコマンドをうつのがオススメです。

# windowsの場合
ping -t <設定変更したノートパソコンのIP>

# Linux系の場合
ping <設定変更したノートパソコンのIP>

pingを実行した状態でフタの開け閉めをします。

pingが途絶えなけれればOKです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる