「淡路ハイウェイオアシス」と「有馬温泉」|れいわ・しまなみの旅[兵庫編]

旅行記

==================================================
れいわ・しまなみの旅 | マサのライフワーク
==================================================

2020年1月5日・旅の7日目にして最終日。

「淡路島モンキーセンター」から本州に向けて北上してきました。

淡路島と本州を結ぶ「明石海峡大橋」の手前、
淡路島ハイウェイオアシス」までやってきました!

ここからは海を挟んで神戸の街を見渡す事ができ、
まさに本州まで目と鼻の先です。

一年前のこの日も、ここにやってきました。

[参照] 淡路ハイウェイオアシス|旅する平成最後の年末年始! | マサのライフワーク

淡路島方面からサービスエリアに入ると、
上りのサービスエリアにまず着きます。

去年来たときにはよく分かってなかったのですが、ここのサービスエリアは、
上りと下りが自由に行き来するためのチェックゲートが存在しているため、
行き来が可能なのです!

去年気がつけば良かったです😅

観覧車が下りのサービスエリアにあるので、
下り側に行き、観覧車に乗りました。

観覧車からは、淡路島方面、
そして世界一の吊橋「明石海峡大橋」、
そして本州・神戸の街並みを見渡す事ができます!

今回の「れいわ・しまなみの旅」では、
広島から「しまなみ海道」を経て愛媛・四国入りし、
その後、高知・徳島から四国を出て淡路島のここまでやってきました。

去年の年始、初めて四国と淡路島へ訪れた時に思ったのですが、
自分は長く、静岡・本州育ちでした。

生まれて30数年。
国外はもちろん、本州と九州以外行ったことはなく、
人生の大半を本州で過ごしました。

四国や淡路島は本州に比べれば小さい島ですが、
頭では本州とあまり変わらない事は分かっていたのです。

実際、地域性の違いはあれど、
それは本州の青森から山口までにも同じことが言えるので、
四国も淡路島も等しく同じ日本であることは実感してます。

前フリが長くなりましたが、
何が言いたいかと言えば、
やはり同じ日本でも、本州島を見ると、少しだけ感傷的になります。
『生まれ育った地』という、感覚でしょうか。

全然、見渡せる神戸の街は、淡路島や四国と同じくらい所縁がないのですけどね。。

_MG_6677

_MG_6688

_MG_6690

_MG_6701

_MG_6711

_MG_6712

サービスエリアで「淡路島玉葱(たまねぎ)ラーメン」を食べました。
淡路島といえば、名物はタマネギという事で、
最後に食べてみました。

淡路島たまねぎ。
ラーメンで食べましたが、甘かったです!
普段食べているタマネギのようなツーンとするネギ感がなく、
柔らかな甘みを帯びてました。

淡路島たまねぎ、甘さと柔らかさは、
淡路島の環境と、育成や熟成方法にあるそうです。

[参照] 淡路島産「玉ねぎ」はなぜそんなに甘い?そのおいしさ徹底解説 – macaroni

食べてみないと、甘いタマネギがある事も一生知らなかったかもしれません。
淡路島に来た人はぜひ、淡路島のタマネギを食べてみて下さい😄

_MG_6756

_MG_6758

_MG_6762

_MG_6772

_MG_6776

「淡路ハイウェイオアシス」を出て、「明石海峡大橋」を渡りました。
そのまま神戸市北区にある「有馬温泉」に向かいました。

[参照] 有馬(温泉)|神戸公式観光サイトFeelKOBE
[参照] 有馬温泉 – Wikipedia

この旅の最終訪問地です。

ここには、豊臣秀吉の正妻・ねね所縁の「ねね橋」と「ねね像」があります。

[参照] 有馬温泉 ねね橋・ねね像

秀吉とねねに愛されていたのが、
この「有馬温泉」だそうです。

ここには賞味期限5秒という「なま炭酸せんべい」というのが売ってます。

5秒というごく短い賞味期限という事で、
焼きたてを渡されて、すぐに食べなければなりません。

_MG_6816

_MG_6820

_MG_6825

_MG_6834

スポンサードリンク

お味はと言えば、、、正直 かなり熱くてよく分かりませんでした😅
アツアツの焼き立てせんべい 食べたな~ってのが正直な感想です^^
熱いのが苦手な人は、ちょっと無理そうですね・・・><

_MG_6841

「有馬温泉」には「金の湯」と「銀の湯」というのがあります。

「金の湯」の近くでは足湯がありました。
お湯は茶色に濁ったような色です。
人が大勢居たため、入れませんでした😅

_MG_6854

_MG_6856

_MG_6870

_MG_6874

_MG_6911

_MG_6913

_MG_6918

温泉街の上の方に登ると、
炭酸泉原公園」という場所があります。

ここでは、炭酸泉の蛇口があり、
炭酸泉を飲むことができます。

少し飲んでみました。

炭酸という事で、炭酸水のようにシュワッとするかな?
とも思いきや、それはあまり分かりませんでした。

むしろ、鉄分を多く含んでいるのか、
鉄の味、血のような味が広がりました。。😳

鉄分不足の人には良いかも?しれませんが、
飲み過ぎや妊婦さんには要注意などの掲示がありましたので、
飲みすぎよくなさそうです。。。

_MG_6920

_MG_6925

「銀の湯」

_MG_6931

_MG_6991

_MG_6994

道後では「道後温泉」に入りましたが、
今回ここでは時間の都合等あり、入浴しませんでした。

次回訪れた時には、宿泊も兼ねて浸かりにきたいですね😄

一通り温泉街を周り、
いよいよ静岡に帰ることにしました!

途中、「刈谷サービスエリア」にて、
夕食を食べ、展示されていたイルミネーションを楽しみましたー。

DSC_2258

DSC_2259

DSC_2271

DSC_2279

DSC_2289

DSC_2290

DSC_2293

DSC_2301

DSC_2303

1週間に及んだ「れいわ・しまなみの旅」。

とても満足の行く旅になりました!

もっともっと時間があれば、
各地を細かく周りたかったのですが、
それは またいつかの機会とします😁

何よりも、無事に帰ることができて良かったです!(フロントガラスはヒビ割れましたけど・・・😅)

「れいわ・しまなみの旅」<完結>

==================================================
れいわ・しまなみの旅 | マサのライフワーク
==================================================

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました