日本発!最強XCOIN(エクスコイン)を目指す竹田恒泰氏の会見概要

image

image

2019年12/11日。
作家で、本業はラーメン屋と称している竹田恒泰氏が、
日本発で世界を制するための
ステーブルコイン「X COIN(エクスコイン)」のプレスリリースを行いました!

[参照] xcoin
[参照] xcoin & xcoin wallet
[参照] エクスチェンジャーズ オンライン両替
[参照] 竹田恒泰公式サイト「竹の間」 |

私も竹田恒泰さんのお考えにある、
外国、とりわけアメリカ発の金融系サービスや
GAFAのようなIT系プラットフォームを日本人が使うのでなく、
日本が提供するサービスを世界で利用いただき、
世界を制する!そんな理念に共感し、今後とも注目していきます。

本日のプレスリリースを少し整理してみました。

目次

XCOINの柱となる2つの会社

XCOINの柱となる2つの会社。
それが、両替業をしている「株式会社エクスチェンジャーズ」と
今回のXCOINを発行する「株式会社エクスコイン」となります。

[参照] エクスチェンジャーズ オンライン両替
[参照] xcoin

「株式会社エクスチェンジャーズ」は外国通貨の売買を担当し、
「株式会社エクスコイン」は通貨発行をする中央銀行の役割をします。

■株式会社エクスチェンジャーズ

・創業平成28年7月1日
・現在年商100億規模
・香港の拠点(エクスチェンジャーズ香港リミテッド)
 ※香港は金融サービス免許(MSO:Money Service Operators)ライセンスを取得(両替・送金の資格)
・今後各国に拡大(現地法令に合わせて)
・両替に加え、今後は現金とXCOINの交換も可能に

■株式会社エクスコイン(中央銀行の役割)

 ・XCOINの発行
 ・現物通貨の保管/償却

取り扱う各国ステーブルコイン(通貨数)

・世界159種類の通貨の内、156種類を取り扱う
 ※除外3通貨:「北朝鮮・ウォン」「イラン・ディナール」「ベネズエラ・ボリバル(インフレ率が超高いため)」

 ※国内最多の通貨交換可能な成田空港で34通貨

[参照] 世界の通貨リスト | リストメーカーズ

XCOINの特徴

・暗号通貨には4つの特徴を持つ
 ①だれでも(人的普遍性)
 ②瞬時に(迅速性)
 ③確実に(確実性)
 ④どこにでも(地理的普遍性)、送金できること

・上記特徴に加え、価格の安定性を確保
 暗号通貨テザーが1テザー=1ドルで交換できるように、
 XCOINも対応する通貨と交換とする(常に同価格で「エクスチェンジャーズ」が売買する)

 1円 = 1 X円(エクスエン)
 1ドル = 1 Xドル(エクスドル)

・前払式支払手段(電子マネー)で発行(ステーブルコインを日本国内で)
 ※前払式支払手段とは? ・・・ 発行する会社のサービスや商品の提供を受ける時に前払式支払手段で決済できる
 ※ステーブルコイン ・・・ ブロックチェーン上で価格が安定した通貨

・ウォレットは専用アプリ(XCOINWallet:エクスコインウォレット)(交換や送金可能)
 国際版(英語版) ・・・ 香港から(MSOライセンス有り)
 日本版 ・・・ 「資金移動業」資格を取得してから日本でリリース

・前払式支払手段なので、政府の法務局に預り金の半額が供託される

・価値の貯蔵の役割
 いつでも現金化できるため

XCOINWalletについて

・外貨両替が可能

・決済手段(手数料0/アプリをダウンロードすれば利用できるので、代理店契約不要)

・XCOINWalletは160カ国の言語で提供予定

・XCOINWalletの中の交換手数料はMAX2%(概ね1%以下)

・国際版はイーサリアムからXCOIN購入可能(戻すのも可能)
 ※日本版は、今後仮想通貨交換業免許の取得を経て、仮想通貨との交換も可能となる予定
 ※今後、金(金の延べ棒)、証券やその他金融商品などの交換も対応し、
  またリリースされるであろう、デジタル人民元なども可能なら交換できるよう、
  あらゆるものと交換できるプラットフォームを目指す

・特にアフリカで普及させたい
 ※スマホを持っていても、口座を持っていない人も大勢いるので(この辺の狙いはリブラも同じかと)

・マイクロペイメント(超少額決済)は0.00000….001 USドルとかなり少額で利用可能
  
・暗号資産の売買
 自国の通貨に戻せば、価格の変動は無い

・国内送金/国際送金
 XCOINWalletは現状手数料0円でいきたい(4秒以内で着金)

システム・マネーロンダリング対策について

・Ethereumベースのトークンの標準ERC20で動作

・パブリックネットワークでなく、プライベートネットワークで動作

・プライベートネットワークなので、直ちに口座停止が可能に
 ※従来のブロックチェーンネットワークは止めることもできないので、流出してしまっていた

・マネーロンダリング対策

 ・法令遵守
  ・犯罪収益移転防止法
  ・外国為替法

 ・現金と交換
  200万円以上は法令に従い、本人確認実施
  ※繰り返し取引など、疑わしい取引も取引時確認を行う

 ・暗号通貨同士の交換/送金
  国際版は香港からなので香港の法令基準で運用
  ※KYC:本人確認(第2期リリースで予定)でより多く交換/送金可能に

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる