倉敷美観地区|旅する平成最後の年末年始!

2019年1月1日。

新年最初の訪問先は、岡山市から隣に位置する倉敷市!
岡山県第二の都市で、人口は約47万人。
倉敷の人は、自分は岡山人ではなく倉敷人といったアイデンティティを持っているらしいです。

でも、それも倉敷を訪れれば、納得します。

倉敷には「倉敷美観地区」と呼ばれる、
歴史的な建物の町並保存地区・観光地区があり、
白壁で有名な美しい街並みがとても素晴らしいです。

倉敷駅から歩いて10分ほどで「倉敷美観地区」はあります。

街並みは、時代劇の舞台をイメージできる、
歴史的な建物が並んでました。
古都・京都とも違う、歴史を感じさせる、素晴らしい街並みです、。

今日は元日のため、残念ながら、普段は出ている渡し船がありませんでした💧
それは残念でしたが、代わりに、白鳥が2羽いました。
餌箱の餌を食べていたので、普段からここにいるのかな?
可愛らしいかったです^^

歩いていくと、「倉敷デニムストリート」を発見。
ここには、倉敷出身である「星野仙一記念館」もありました。
デニムストリートだけあって、キッズ用、レディース・メンズの様々なデニムがありました。
デニムは岡山の児島が有名で、並んでいる商品もとても上物な感じでした。

「デニムストリート」にて青い肉まん「デニムまん」を食べました。
ここでしか食べられないと思うので、ここに来たら是非食べてみてください。
オススメです^^)

_MG_4015

_MG_4024

_MG_4047

_MG_4078

_MG_4097

_MG_4115

_MG_4140

_MG_4144

_MG_4147

_MG_4157

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる