南極観測船ふじ|名古屋・イルミネーションツアー2018

「名古屋海洋博物館」を出て次に向かったのが、「南極観測船ふじ」。
文字通り、南極の観測船で、日本初の砕氷船としても作られた創です。

これは日本の南極観測船としては二代目らしく、
1984年4月11日退役後、1985年8月からここ名古屋港にて博物館として一般公開されているようです。

入場の際に、乗船記念券をくれました。
確か、あなたは〇〇〇〇〇〇人目の乗船者です、みたいな感じでした~。

入り口から、いきなり厨房のコックが立ちはだかった!!?
人形だけど、遠くから見るとリアルな感じもしました。

船の中には、そうした乗務員が生活に必要なもの、
理髪店や医務室など、人形とともに、当時の生活を再現したものが到るところにありました。

甲板には、自衛隊のヘリコプターも!
カッコよくて絵になってました😁

しかし、極寒地南極も厳しい環境の地域でしょうが、
この船で何日も旅をし、特に南極圏の海に入ってからの航海は、
きっとここでうかがい知る事のできない、乗組員たちの相当な苦労があったと思います。

そんな一端を垣間見ることができるかもしれません。
名古屋港に来て機会があれば、是非 訪れてみて下さい~

[Googleフォトアルバム] 南極観測船ふじ – 18.11.04 – Google Photos

_MG_2791

_MG_2731

_MG_2743

_MG_2751

_MG_2755

_MG_2768

_MG_2761

_MG_2766

_MG_2809

_MG_2799

_MG_2818

名古屋海洋博物館

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる