2017年を振り返る[1]:株式投資/解散総選挙とNISA枠