【2021年】自宅から自動車税の納付!

  • URLをコピーしました!

今年も自動車税の納付がやってきました。

目次

自動車税のクレジットカード払い(ヤフー公金支払い)をやめる

前年まではクレジットカード払いとコンビニ払いを利用してました。

しかし、今年はクレジットカード決済はやめようと思いました。

理由は、私が使っているジャックスのクレジットカード「REXカード」が、去年からポイント還元率を1.25%から1%に変更(改悪)したからです。

ヤフー公金支払い」のクレジットカード払いは、静岡県の場合、決算手数料が税込みで330円発生します。

これは、ポイント還元率よりも決済手数料の方が高くなり、少々損をしてしまうため、今年は別の支払方法を試そうと思いました。

ちなみに、手数料は各地自体で異なり、加えてそもそも取り扱いのない自治体もあるので、支払いできるかと手数料については確認する必要があります。

あわせて読みたい
Yahoo!公金支払い - 一部サービス終了のお知らせ 2022年3月31日をもって、一部サービスを終了いたしました。今後、当webサイトでご利用いただけるお支払い機能としては、水道料金(継続払い)のみご提供させていただきます...

ちなみ、静岡市の軽自動車税はヤフー公金支払いに対応してません。

税金の支払い方法を決める

今回の自動車税の納付には「PayPay(QRコード決済)」を利用しました。

本当は、今年「国民年金保険料」を支払った際に利用した「Pay-easy(ペイジー)」を利用しようと思いました。

しかし、軽自動車税ではペイジーが対応しておらず、また自動車税についてもペイジーはOKでしたが、PayPay銀行のペイジーは、静岡県の自動車税払いに対応してませんでした。

何だか日本のIT化が遅れている理由がよく分かる気がします。

支払い方法こそは多いものの、対応していたり対応してなかったりがマチマチ。

というわけで、両方に対応しているPayPayの請求書払いを利用しました。

納税通知書[静岡県自動車税種別割・静岡市軽自動車税種別割]

PayPay(QRコード決済)による請求書払いを利用する

PayPayでの支払いは非常に簡単です。

  1. 納税通知書のバーコードをPayPayでスキャンする
  2. 支払い金額と支払う税金の種類を確認して「支払う」をタップする

これで完了です。

履歴から支払いされた事が確認できます。

家にでもどこでも納税ができ、非常に簡単で便利です。

オマケにボーナスポイントもついて言うことありません😊

車検時に納税通知書は必要?

普通自動車の場合

自動車税のキャッシュレス決済をすると、納税証明書が発行されませんので、もし必要な場合は、別途取得する必要があります。

多くの場合、納税証明書が必要とされるのは車検だと思います。

しかし平成27年(2015年)4月から、普通自動車については、車検時に納税証明書の提出を省略できるようになりました。

ただし、自治体によっては対応していないケースもあるので、詳細は自治体ごとに確認する必要があります。

普通自動車の納税証明書の省略条件

引用先:自動車税納税証明書は車検の時に提示しなくてもOK? – EPARK車検

https://otakara-shaken.com/useful/tax/tax03.html

※2021年5月現在

軽自動車の場合

一方、軽自動車税については省略できません。

私の場合は軽自動車税を支払いましたが、これは原付バイクなので、そもそも車検がありません。

静岡市の場合、車検に必要な納税証明書は無料で発行してくれるようです。

あわせて読みたい
ご案内ページ:静岡市 静岡県静岡市(政令指定都市)のウェブサイトです。生活情報・観光情報ほか、住む人にも来る人にも便利な情報を掲載しています。

こちらも詳しくは自治体ごとに確認する必要があります。

【雑学】そもそもなぜ、自動車は「県税」で軽自動車は「市税」なのか?

税金の支払いとは全く関係ない話ですが、自動車は都道府県に払う県税であり、軽自動車は市区町村に払う市税です。

同じ自動車でも、排気量が違うだけで、税金の金額も結構な違いがありますが、そもそもなぜ分かれているのでしょう?

それは、もともと道路運送車両法では、普通自動車等は「登録車軽自動車は「届出車としており、「登録車」の場合は国に登録が行われます。

一方の排気量660cc以下の軽自動車は「届出車」とされ、国への登録は行わず軽自動車検査協会に届出を行います。

国に登録される自動車と、国に登録されない軽自動車で分かれているという事ですね。

では国に登録されないとは言え、なぜ市町村の税金なのでしょうか?

戦前には現在のような軽自動車などはありませんでした。

代わりに自転車の税金を定めた「自転車税」「荷車税」というものがありました。

自転車の移動は市町村の範囲内という事を考えれば、その徴収先は市町村である事は違和感無いと思います。

その後、これらの税金は軽自動車税」に変わりました

このような歴史的な背景があるため、県税と市税で分かれているのです。

何だか今の時代だけみれば、非合理な感じがしてきます。

そのような意見もあり、平成28年度(2016年)には、軽自動車税の税率が変わりました。

なぜだろうという疑問も、紐解いていくと、合理的かどうかはともかく、なるほどという気がしますね😅

総務省|地方税制度|平成28年度から軽自動車税の税率が変わります

引用先:総務省|地方税制度|平成28年度から軽自動車税の税率が変わります

https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/102384.html

※2021年5月現在

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる