コロナ感染拡大の欧米への警戒と、日本の年末年始の分散連休の必要性

2020年という節目の年は、新型コロナウイルスの年と言えるでしょう。
大変不名誉な事ですが、世界中の感染拡大(パンデミック)とそれに伴う経済の停滞などを見れば、100年に一度の大騒ぎというレベルと言えるかもしれません。

そんな中、欧米では第二波とも言える感染拡大が始まり、再びロックダウンやお店の休業をするなど、日本を始めとする東アジア地域とは対照的な状況になってます。

スイスとスペインの公的研究機関から支援を受けた7人の研究者の発表によれば、現在欧州全土で猛威を振るっているコロナウイルスは、スペインで6月に発生した変異株が拡散していると発表しました。

また米国でも一日の感染者が8万人を超えるなど、やはり日本とは比べ物にならない状況が進んでます。

日本でも感染者数が伸びているとマスコミは最近報道してます。
確かに昨日は1日全国で800人と、一時期500人を下回っていた日に比べれば多いと言えなくもないです。
しかし、欧米に比べれば微々たるもの、というよりも、増えたというレベルではありません。

誤解のないように言いますが、私は決して新型コロナを甘く見ていいと言ってるわけではありません。
特に外国からの出入国については厳格に管理すべきだと思います。
それは、欧米で見られるように、日本よりも感染力や毒性の強いウイルスが流入する可能性があるからです。

しかし、現在の日本国内においては、死者は1500人ほど出てますが、その殆どが70代以上の高齢者であり、また感染者の症状も無症状か軽症が大半をしめてます。

未知のウイルスには必要以上に恐れるべきです。
今年の1月の状況が、1000万都市の武漢閉鎖という、前代未聞の事態でした。

ところが、日本では、水際対策が外の欧米諸国に比べてザルだったものの、感染は抑えられ、重傷者と死者数も爆発的に伸びませんでした。
私は3月の時点で、京都に行きましたが、この時には既に感染予防対策、3蜜を回避すれば感染リスクは極めて低い事が分かっていたので、外出にそれほど抵抗がありませんでした。
それよりも、現在でも見られるように、同調圧力とも言える周囲の反応の方が、よほど気になったくらいです。

緊急事態宣言時には、大人しく市外から出ませんでしたが、私は欧米の状況と比べて、明らかに影響が少ない時点で、これほど自粛をすべきかは疑問でした。
もちろん、緊急事態宣言時点では、まだ爆発的に広がる事について何とも言えない状況であったのも事実です。

私が転機だと感じたのは、7月の4連休です。
本来、東京5輪の開幕日でしたが、そのまま4連休だけが残り、徐々に人々が外出するようになりました。
しかし、その後2週間ほど感染者数を見ても、爆発的に増えず、またお盆の時期を通り越しても同様に感染は爆発的に増えませんでした。
この時期から、マスコミも爆発的感染リスクやGoToトラベルへの批判を、何となく引っ込めていた気がしますが、あれだけ煽っておいて、多くの識者が説明や釈明もなしにシレッとしていた事は不愉快に感じました。
いつの間にかコロナ女王と呼ばれた感染学専門家もテレビから姿を消しました。

9月の4連休、本来の東京5輪閉会式の連休。
私は草津に行きましたが、この時は人で溢れかえってました。
普段の連休では外国人観光客が多いですが、この時は日本人観光客で溢れ、コロナ以前とも言える活気を取り戻してました。
そして高速道路は50Kmを超える渋滞を発生させ、目の敵のように扱われていた東京の人たちも地方にかなり流れましたが、その後もやはり爆発的な感染拡大を引き起こしませんでした。

私は1つの確信を得ました。
日本におけるコロナの状況は、感染予防対策をすれば経済を回すのに、大きなリスクが無いことです。
むしろ、休業要請や時短営業が、経済を失速させ、失業者を生み、そして自殺者を出すという良くない結果を生んでします。

繰り返しになりますが、コロナへの注意を怠れという訳ではありません。
ただ、やりすぎなのはいかがなものかと思います。

政府からは、今年の年末年始を17連休にするという話が出てきました。
実際には17連休でなく、分散のようですが、私個人としては、感染予防対策さえキッチリ行っていれば、連休の延長は元より、分散も必要ないのではないかと思います。

休みが増えて喜ぶのは、給料の減らない公務員なら大歓迎でしょうが、民間では休んだ分は稼げません。
政府だけでありませんが、今回の新型コロナにおいては、煽り続けたマスコミの罪も大きいです。

最近思うのが、「もっとTokyo」と歴代記録を塗り替えるヒットを「劇場版 鬼滅の刃」について、あまり新型コロナを広げかねないというような論調は、メディアからは聞かれません。
私は当然だと思ってるのですが、メディアが煽っていた頃と、昨今の感染状況は変わりません。
むしろメディアが主張するように、感染者数は増えている傾向も見られます。

メディアの根拠も客観性のない報道姿勢は偏向的であり、非常にウンザリしてますが、合理的な判断をするためにも、影響がまだまだあるメディアは、正しく客観的に伝えるように務めなければなりません。

今年の年末年始。
延長も分散も必要なく、感染に気をつけて過ごせる事を願ってます。

<参照:「年末年始17連休」実現したら生活破たん 一挙に続けず分散休暇を望む声: J-CAST トレンド【全文表示】>
https://www.j-cast.com/trend/2020/10/28397657.html?p=all

<参照:年末年始「17連休」を上回る神案!? ツイートされたプランに界隈から「マジでこうなってくれ」「最高」「ホンそれ」の声 | マイナビニュース>
https://news.mynavi.jp/article/20201028-1441326/

<参照:スペイン発のコロナ変異体、欧州全土へ感染拡大=研究報告 | ロイター>
https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-spain-variant-idJPKBN27F03C

image

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる