雨晴海岸|富山・黒部への道

「海王丸パーク」から次に向かったのは「雨晴海岸(あまはらしかいがん)」です。
ここは道の駅になってます。

[参照] 道の駅「雨晴」
[参照] 『雨晴海岸』の絶景を見る前に知りたい5つのこと。 | 観光情報特集「TOYAMA STYLE」 | VISIT富山県
[参照] 国定公園 雨晴海岸|観光スポット|とやま観光ナビ

海岸と線路の間に「義経岩・義経社」という岩と祠があります。
「義経岩」は、鎌倉幕府から逃げた源義経の主従がその途中、にわか雨の晴れるのを待ったという岩で、ここの地名「雨晴(あまはらし)」の由来となったとされています。

ここの道の駅は、国道横の崖の下の脇に作られていて、面積が狭い分、横長な建物になってます。
駐車場の数もそれほど多くないので、満車で停めるのに一苦労しました。

ここはキレイな海岸や、義経岩もそうですが、それを背景にした電車が通るのがとても絵になる場所で、道の駅からカメラをスタンバイしている方も見受けられました。

建物で売っていた、道の駅スタンプラリーブック北陸版を購入しました。
元々、自分の住む中部地区のものを集めてましたが、先週 関東のブックを購入して、今度の北陸で3冊目です😅

まあ、中部以外は制覇しようとは思いませんが、気まぐれで見つけたら押していこうと思ってます^^

海岸にも行きました。
この日は雨晴の名にふさわしく青空が広がってました!

海辺に足を付ければとても心地良かったです^^
ただ、小さい虫が大量にいたのは気持ち悪かったですが・・・😥

帰る直前には電車も見れました。
やはり海岸沿いを走る電車は絵になっていいものです😄

IMG_1324

IMG_1330

IMG_1328

IMG_1342

IMG_1346

IMG_1350

IMG_1355

IMG_1362

IMG_1369

IMG_1370

IMG_1384

IMG_1385

IMG_1387

IMG_1392

IMG_1403

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる