侮ってはいけない自転車の危険性

2020年はコロナにより、三密を避けるために自転車通勤を選ぶ人が多くなったそうです。
元々、東京などの都心では、近年自転車による通勤が増えてきたようですが、それと同時に、マナーの悪い走行車も増え、自転車へのルール徹底や、自治体では自転車保険の義務化が進んできています。

制度も整えられ、人々の意識も変わってきてるとはいえ、事故はまだまだ無くなりません。

10月18日、千葉県のサイクリングコースにて、すれ違いざまに自転車同士が接触して、一人が亡くなる事故が置きました。
自転車の右のグリップが接触して転倒したという事ですが、自動車を絡まない、自転車同士の事故では死亡例は珍しいそうです。

自転車事故は、関連死亡事故で年間450件以上あり、重症事故の件数を含めれば、2019年で8660件にも上り、そしてその多くは65歳以上の高齢者が占めているそうです。

気軽に乗ることができ、免許もいらない自転車は、決してその気軽だけらと言ってルール違反を軽視してはいけません。
飲酒運転はもちろん罰則対象ですし、歩きスマホだけでも危険なのに、自転車のながらスマホなどもっての外です。

昔、自転車で帰宅途中の高校生が、お年寄りをはねて死亡させ、多額の賠償金を請求されたケースがありました。
自転車は原付きバイクや自動車と違い、自賠責がありません。
最近は自転車保険の義務化も進んでますが、決して保険に入っているからといって、油断してもいけません。
自身や相手の安全を守るには、ルール遵守を心掛けて運転しなければならない事を、一人一人が守るしかありません。

<参照:自転車同士が衝突、1人死亡 千葉のサイクリングコース:朝日新聞デジタル>
https://www.asahi.com/articles/ASNBM6DYXNBMUDCB001.html

<参照:自転車事故の損害賠償と過失割合について解説 | 交通事故 法律事務所オーセンス>
https://koutsujiko.authense.jp/column/jiko-25.html

<参照:年間450人以上が死亡「自転車」事故の恐ろしさ|教えて!けいゆう先生|時事メディカル>
https://medical.jiji.com/topics/1558

<参照:統計で見る自転車事故|自転車事故と盗難に備えよう!自転車保険『ちゃりぽ』>
https://charipo.info/accident/

<参照:自転車による交通事故は交通事故全体のどれぐらいの割合で起きているのか(2019年時点最新版)(不破雷蔵) – 個人 – Yahoo!ニュース>
https://news.yahoo.co.jp/byline/fuwaraizo/20190308-00116783/

image

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる