なくならない「訪問犯罪」防ぐ手段は

今年8月、首都圏で相次いで起きたガス点検の作業員を装った「点検強盗」で、元タレントの男が逮捕されたニュースがありました。

この容疑者は、ガス点検を装って訪問し、住人を縛り、現金やキャッシュカードを奪ったと報じられてます。
容疑者は犯行を否認しているようです。

このような、訪問して行う犯罪にはいろいろな手口がありますが、あえて一括にすれば「訪問犯罪」と言えると思います。
今回の件ではガス会社を装ったようですが、ガス会社によれば、点検の1~2週間前に点検の目安となる案内が配布されるとの事です。
また、必ずガス会社の身分証を点検員は持っているので、提示を求めて下さいとも注意を呼びかけてます。

こうした犯罪は毎回よく聞きます。
しかし、中々防ぐには難しいという気もします。

私が思うに、日本人は中々人を疑うことをしない気質があると思ってますので、制服着た人がくればそのまま信じるケースも多いのではないでしょうか。
中々「身分証を見せて下さい」と言うのも、疑ってかかっているというのが相手に伝わるのを避けたいと思う人もいるはずです。

それに、身分証や制服など、いくらでも偽造もできます。

今回の件では、防犯カメラに写っていたのが決定的だったようですが、犯人はそのような事も想定してなかったと思うと不気味に思えます。
なぜなら、その程度での犯行であれば、何か不測の事態が起きれば、どのような事をされるかさえ分からないからです。

強盗など割りに合わないと犯人は思えれば、この手の犯行は少なくなるでしょうか。
短絡的な犯行を見れば、そうでばかりではないような気がします。

しかし、我々が身を守ることは、とにかく疑ってかかる事しかないのかもしれません。
ドアを開けず、身分証をを提示してもらう、あるいは名前と所属を聞き、当該点検会社に確認を取る。

このような犯罪や人々の認識が広がる事は、悲しい事でありますが、未然に防ぐにはそのようにするしかないのかもしれません。

<参照:“ガス点検強盗”14万円奪う 元タレントの男を逮捕 | KHB東日本放送>
https://www.khb-tv.co.jp/news2/annNews/000194330.html

<参照:ガス点検強盗犯は元ジャニーズ! SixTONES・ジェシーと同グループだった | 東スポのジャニーズに関するニュースを掲載>
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/johnnys/2232981/

<参照:頻発するガス点検を装った「強盗事件」 点検は4年に1回、事前に「必ず」案内用紙を配布: J-CAST トレンド>
https://www.j-cast.com/trend/2020/09/29395474.html

image

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる