不正相次ぐ持続化給付金問題

コロナ禍の中、企業倒産を防ぐために設けられた「持続化給付金」が、不正取得された報道が相次いでます。

不正受給が発覚したケースはいろいろありますが、私が特に注目したのは「沖縄タイムス社」の社員による不正受給です。

当初は、この社員が個人的に不正受給したのかと思ってました。
しかし調べが進むうち、何とこのケースでは、1800件もの申請代行した上で、その資金が暴力団や反社会勢力に流れている可能性があるというのだから、もはや単なる小遣い稼ぎでの不正受給とは規模が違います。
まだ実態は全て分かってませんが、不正受給総額は4億円程度とも報道されてます。

不正受給には、大学生が気軽な気持ちで、知人などを介して誘われるままやったというケースもあるようです。
手書きの会計書類で申請クリアされるなど、書類審査はかなりずさんなようです。

この持続化給付金の審査がゆるい部分には、ある意味仕方がない部分があるかもしれません。

それは、ある程度の不正受給を防ぐ事より、コロナ禍で本当に困っている、明日にも倒産してしまうような企業を救済するためには必要な措置とも言えます。
倒産しすれば、失業者を大量に出し、経済は弱り、社会は不安定になるでしょう。
だからこそ、今回は厳格な審査よりもお金を配るスピードを優先した、それはよく分かります。

しかし、いくつかのケースを見れば、やはり審査があまりにもずさんでないかという気もします。
配ることは良しとして、不正発覚後に返還する事や、その後の報告義務などもう少し強化できなかったのかと、個人的には思う次第ですが、本当の所、何が良かったか私には分かりません。

しかし、この4億円とも言わている不正受給は、明らかに度を越してます。
発覚した事は良かったですが、これほど大掛かりなものは防げなかったのかという所は、残念でなりません。

沖縄タイムスと言えば、左翼系新聞で、左翼は弱者救済について特に主張されてます。
しかし、本当に苦しい人の事を思えば、今回発覚した社員の引きお超えした不正受給問題は到底許されざるべき事ではありません。

全容解明の上、厳正な処分と再発防止を望みます。

<参照:「税理士がいるから大丈夫」口コミやSNSで拡散か 不正受給問題 沖縄でさらに広がる恐れも | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス>
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/638490

<参照:「不正受給した」相談急増 狙われる持続化給付金…背後に悪質業者か|【西日本新聞ニュース】>
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/647295/

<参照:「俺なんて控えめなほう」休眠会社を使って500万円を不正受給した49歳の言い分 「今一番熱いのは法人買収だよ」 | PRESIDENT
Online(プレジデントオンライン)>
https://president.jp/articles/-/38986

<参照:多発する新型コロナ「持続化給付金」の不正受給 「軽い気持ちで話に乗ってしまった…」不正に手を染めた大学生が語った後悔
不正受給「指南」の実態とは…(読売テレビ) – Yahoo!ニュース>
https://news.yahoo.co.jp/articles/42cb7066b463c3a82beaea6854f0b44243918648

image

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる