「女性宮家」は果たして最後の手段なのか?