秘境!?オクシズ・井川地区に行ってきた in 2019-12

2019年12月1日。

静岡市の「井川(いかわ)」に行ってきました!

井川に行くのは何年ぶりでしょう。。

ここは近年は、「オクシズ」と呼ばれ、
静岡市中山間地域を「奥静岡(オクシズ)」と呼んでます。

[参照] オクシズ – 静岡市中山間地域 奥静岡

自分は静岡市葵区の出身で、
井川も同じ静岡市葵区にあります。

なので、知らない多くの人が聞けば、
ちょっとお出掛けしたのかな?
と思うかもしれませんが、、
実はちょっとどころじゃないのです・・・。

先に、車で自宅から掛かる時間を言えば、
1時間30分以上かかります!

同じ、静岡市内、それも、同じ葵区内で、です・・・
横浜市や大阪市とかじゃ多分、
それだけ時間あれば、半分以上の行政区を回れるかもですね・・・

ちなみ、葵区は2019年現在で日本の行政区面積として最大です。
最小は大阪市浪速区だそうですが、その差は・・・

葵区:1,073.75km2(境界未定部分あり)
浪速区:4.39km2

なんと245倍もあるのです・・・

東京23区の面積が627.57km2と比べても、
葵区は1.7倍以上あります・・・

静岡市は人口減少都市で、
政令市の中では最小の70万人口割れと、
この大都市制度にふさわしくない批判を浴びたりもしますが、
この数字と、これから紹介する井川地区をご覧いただければ、
政令市?葵区??ってより印象深くなるでしょう・・・

まあ、別にディスりたい訳ではないです😅

個人的には好きな場所ですが、
行くにはちょっと気軽に!っとは行かないのです😌

井川へのルート。

国道362号線から県道60号線に入り北上しました。

こちら方面から行くと、県道60号線は通行止めで、
井川まで行けないケースがあるんで、
事前に調べておくのがベターです。

この県道60号。
とにかく細い山道です・・・。

途中、すれ違うにもやっとの場所があります。。。

北上すると「福養の滝」があります。

幼い頃や10年以上前に訪れた事があります。

以前、ここではお店が営業してました。

ところが、今回 訪れてみると、
何と小屋が完全に廃屋。

もう、いつ崩れてもおかしくない状態です・・・

かつて営業していたのを知っているだけに、
月日の流れというものをより強く感じました。。

■「福養の滝」入り口

DSC_1065

DSC_1066

DSC_1069

DSC_1070

DSC_1071

DSC_1072

DSC_1073

DSC_1074

DSC_1067

DSC_1084

「福養の滝」から更に北上すると、
県道189号三ツ峰落合線とぶつかる「笠張」にでます。

そのまま県道60号をまた更に北上していきます。

富士見峠」で一息つきました。

その名の通り、富士山が見ることができ、
南アルプスも見ることができます。

■富士見峠

_MG_3500

_MG_3501

_MG_3497

_MG_3506

_MG_3507

_MG_3508

_MG_3509

_MG_3510

_MG_3511

_MG_3512

_MG_3522

富士見峠からは基本下り道です。

ここまでくれば、井川まではもう一息です。

というか、実を言えば、
そもそも井川に行く予定がなかったのです😅

県道60号から県道189号で梅ヶ島方面から帰る予定でしたが・・・、
気まぐれな旅?なので、井川まで行くことにしたんです😅

何年ぶりかに井川にやってきました!

井川湖は相変わらず広々していて、
井川ダムもその存在感を誇示してました!

井川湖では、無料の遊覧船がありました。
昔来たときは無かったと思います。

ただ、残念ながら、今回は都合がつかず
乗りませんでした・・・

井川地区はやはり、市街地と比べて寒いです。。

ただ、12月という割には温かいと思います。
雪も降ってなかったので、ここまで普通にやってこれましたし。

井川はキャンプをする人には、
割と人気のスポットです。

オクシズの大自然に囲まれて、
きっとリフレッシュできると思います。

ただ、行くのがちょっと大変ですけど😅

井川には、静岡市からだけでなく、
川根方面からもアクセスでき、
「大井川鐵道井川線」も川根方面から出ているので、
鉄道でアクセスも可能です。

登山が好きな人は、
更に北上して「山伏」から山梨県へ行く林道や登山ルート等もあります。

そんな、秘境!?とも言える魅惑の井川。

今回何年ぶりかに、気まぐれに立ち寄りましたが、
訪れることができて良かったです😄

_MG_3530_MG_3531

_MG_3533

_MG_3534

_MG_3535

_MG_3537

_MG_3543

_MG_3548

_MG_3551

_MG_3552

_MG_3555

_MG_3557

_MG_3563

_MG_3565

_MG_3568

_MG_3572

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる