ノラ猫の捕獲~去勢・避妊手術と静岡市獣医師会への助成金申請について

DSC_0428

我が家のノラ猫のクマ。
生後、6ヶ月が経ちました。

猫は生後6ヶ月を過ぎると、
オスは去勢、メスは避妊の手術が可能になります。

ネコは繁殖力がとても強く、
あっという間に増えて、
下手するとネコ屋敷なんて事にも・・・😱

なので、飼い猫にしろ、ノラ猫にしろ、
生殖機能を取り除く手術をしてあげる必要がでてきます。

兄ネコのマックは、地域のどなたかがしてくれたようです。

[参照] 驚愕❗❗去勢されてしまった黒猫・マック!:19.07.10 | EZiC[イージック]

今度は妹ネコのマックの番という事で、
特にメスは妊娠して出産も早いので、
半年たったらすぐに手術する事を決めてました。

静岡市では、静岡市獣医師会で、
ノラ猫の手術について、申請すれば助成金が降りる仕組みがあります。

[参照] 静岡市獣医師会猫不妊手術助成事業|静岡市獣医師会

[参照PDF] 静岡市猫不妊手術事業補助金交付要綱
[参照PDF] 人と猫が穏やかに暮らすためのガイドライン(静岡市動物指導センター)

この中で、条件に書かれている
2条件以上を満たしている場合が対象になります。

1. 所有者がいない猫であること
2. 餌をあげていないこと
3. 家(建物)の中に入れていないこと

今回、手術を行うクマの場合、
私はエサは与えてますけど、
家の中に入れてないし、
首輪も付けなければ、
ついでにいつも家の敷地にいるわけじゃないので、
この2条件が当てはまります。

ついでに、それほど懐いてないです・・・😅

ちなみ、助成金を受けて、負担する金額は以下の通りです。

1. オス猫の去勢手術 5,000円(税抜)
2. メス猫の避妊手術 7,000円(税抜)
※平成27年4月1日より

という訳で、まずは捕獲からです。

実は、捕獲に際しては、
以前よりいろいろ試してみました。

キャリーケースに入れようとしたら、
網で捕まえようとしたりと・・・

しかし、一向に捕まらず、余計警戒される事に・・・

そこで、動物捕獲器を使うことにしました。

静岡市動物指導センターで借りることも可能なようですが、
いろいろ今後の事なども考え、
それほど高い商品でもないし、
コンパクトに収納も可能なので、
いっそ購入してみました。

■動物捕獲器

DSC_0407

DSC_0409

DSC_0410

動物捕獲器に餌を入れ、
クマをおびき寄せます。

しかし、なかなか入ろうとせず、
オマケに兄ネコのマックまで現れて妨害。。😅

もちろん、妨害しているつもりがないだろうけど、
去勢済みのマックが捕まっても意味ないので、
追っ払いつつ、クマを待ちます。。。

■捕獲器にエサを入れて子ネコのクマをおびき寄せる

DSC_0413

DSC_0415

しばらくして、捕獲器の中に入り、
ようやくエサを食べ始めました。

しかし、仕掛けが作動しません・・・💧

不発かな?と思ったら、
よーやく作動しました!

何が起こったか分からないクマ。
以前、YouTubeでネコの捕獲動画みたのですが、
その時は混乱させないため?か、
白い布を捕獲器に被せていたので、
同じように被せてあげました。

■捕まった子ネコのクマ

DSC_0416

DSC_0419

■YouTube:子ネコの「クマ」捕獲~そして避妊手術へ

捕獲後、動物病院に電話しました。
本日、手術可能との事でした。

近くの「深沢動物病院」に連れていき、
手術を受けさせました。

[参照] 深沢動物病院 │ 静岡市葵区羽鳥の動物病院 | TOP

◆深沢動物病院

DSC_0424

手術申請書に必要事項を記入し、
同意事項にチェックを入れ、押印します。
印鑑が必要です。

■手術申請書への記入と押印

静岡市獣医師会手術申請書

午前中に預けて、
午後には手術が終わった連絡を受けました。

意外と早いものです。

受け取る際、クマが少し吐いたと言われました。

麻酔はまだ効いているようですが、
そのまま所定の場所に放てばOKとの事でした。

お腹の辺りが少し血が滲んでいて、
少し生々しさを感じました。

避妊の証である耳カットも確認。
メスなので、左耳、のようですね。

■避妊され、耳カットされた子ネコのクマ

DSC_0428

DSC_0442

家に戻り、クマを放ちました。
しかし、走って逃げるような元気もなく、
ソロリソロリと・・・

まだ麻酔が効いているのか、
元気がありません・・・

病院で吐いたそうですが、
ここでも少し吐きました。
心配です・・・

普段はいない兄ネコのマックも待っていた!?
のか、クマを舐めてあげてました。

兄妹愛でしょうか。。

そのまま2匹とも立ち去っていきました。

■捕獲器から出した直後

DSC_0445DSC_0446

夜、再び登場しました。

やはり元気がまだない様子ですが、
少しエサを食べました。

■YouTube:避妊手術後の子ネコの「クマ」

■夜になっての様子

DSC_0452

DSC_0457

DSC_0460

2日くらいたって、
ほぼ完全に回復したようです!

元気に走り回る姿を確認!!

という事で、ノラ猫を不幸なネコにしないための、
申請プログラムがあります。

私の住む静岡市のケースですが、
他の自治体にも同様の制度はあると思います。

殺処分されていくネコを増やさないためにも、
多くのネコが地域ネコとして生きていけるれば理想、ですかね。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる